1. HOME
  2. BLOG
  3. 冬のお肌のはなし

BLOG

冬のお肌のはなし

冷たい風と、緊張感のある空気、

時々さわやかな青空がほっとさせる季節です。

 

今回は冬のお肌について触れたいと思います。

 

暑い夏は熱を体外に放出するために、血液循環は外側に向かって流れますが、

寒い冬は熱を体内に維持するために、内側に向かって流れ、体温を保とうとします。

 

その為、お肌表面の温度は下がり、皮脂分泌が低下し、

張り詰めたような緊張感が、常にお肌を包んでいます。

 

角質層のバリア機能も低下するので、

湿度が低く乾燥した外気から、水分を保つことがなかなかできません。

またお肌は外部からの刺激に弱く、柔軟性をなくし、透明感も失われがちです。

 

洗顔後に顔がつっぱると感じるのもこの季節、

静電気も水分が不足していると特に起こりやすくなります。

 

保湿が必須のこの季節、丁寧なスキンケアをしてはいかがでしょう。

 

バスタイムを利用して、お肌の水分をしっかり閉じ込めるスキンケアを紹介します。

洗顔の後、お手持ちのオイルかクリームをお顔全体にマッサージするように伸ばし、なじませましょう。

 

そのままゆっくりお風呂につかると、お肌の内部では血行が良くなり、活発な動きが起きます。

お肌の表面では新しい細胞のできる準備、潤いを作り出そうとします。

 

オイルやクリームの油分は、蒸気が水分を守る薄い膜ができるマスク効果を生み、

そんなお肌の状態を保護します。

 

オイルまたはクリームはお風呂から出る前にホットタオルで優しく拭き取ってください。

これだけの簡単なスキンケアですが、お風呂から出た途端、急激に失われるお肌の水分を守ります。

 

その後は通常のスキンケアを行なってください。摩擦をできるだけ避けて、やさしくしましょう。

この方法であれば、ノーマルスキンの状態でスキンケアができ、お肌の水分バランスが維持できます。

 

化粧品はお肌の未来のためにあります。

 

おうち時間をお肌のお手入れに掛けてみて、今年も笑顔が輝くお肌になりますように。

 

H.U

BLOG