1. HOME
  2. BLOG
  3. ヘアケア
  4. 春の紫外線対策をしよう!ヘアケア編

BLOG

ヘアケア

春の紫外線対策をしよう!ヘアケア編

春の紫外線対策について、前回はスキンケア編の記事を書いてもらいました。

 

紫外線による肌への影響は、現在ではすっかり一般的になり、

季節問わず対策をするのは当たり前のようになってきましたね。

 

市場では紫外線による肌の老化に着目したスキンケア化粧品も多く見られ、

そういった化粧品を季節問わず使っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

紫外線対策と聞くと、先ず顔や体など肌に対しての影響を想像しますが、

その一方で、頭皮や毛髪への影響については、まだまだ認知されていないような気がします。

 

今日は、紫外線による毛髪や頭皮への影響について触れて、

スキンケアだけでなく、ヘアケアの紫外線対策を考えていきましょう!

 

紫外線による毛髪への影響について

 

紫外線によるダメージは、太陽光からの紫外線によって、

毛髪を構成するアミノ酸が酸化されて起こります。

 

肌が紫外線を浴びると日焼けによって赤くなったり、

しわが深くなったりするのと同じように、毛髪も紫外線の影響を受けています。

 

毛髪は肌とは違い、紫外線によってダメージを受けたかどうか分かりにくいですが、

褪色などの髪の色の変化や、キューティクルが剥離して、手触りや櫛通りとして

ダメージが現れますので、過度に直射日光を浴びないように注意する必要があります。

 

紫外線による頭皮への影響について

 

頭皮は顔や体と同じ“肌”なので、頭皮が紫外線を浴びると老化が進行します。

 

イメージでは、「毛髪に守られているし、紫外線は浴びていないのでは?」という疑問がありますが、

紫外線のUV-B波は頭皮の真皮層まで届き、乾燥やたるみといった症状を引き起こします。

 

紫外線の当たりやすい部位ですからね。

頭は顔の約2倍もの紫外線を受けているともいわれています。

 

特に毛髪の分け目は、紫外線の影響を直接受けるので、

ヘアスタイルによっては特に注意や対策が必要です。

 

そして頭皮の老化が進むと、抜け毛や薄毛、白髪といった深刻な悩みを引き起こします。

 

その為、健康な毛髪を保つためには、頭皮の紫外線対策がとても大切になります。

 

紫外線対策の基本:ヘアケア

 

紫外線を浴びる前の予防

紫外線対策の基本は、太陽光を浴びない事です!

 

帽子や日傘で、毛髪と頭皮を紫外線から守りましょう。

頭皮の紫外線対策として、定期的に分け目を変えるのもお勧めです。

 

また出掛ける前に、UVスプレーや洗い流さないトリートメントをつけるのも有効です。

 

紫外線予防の成分が配合されたものであれば、

毛髪が紫外線を吸収するのを防ぐ効果もあるのでお勧めです。

 

ですが、いくら対策をしてもどうしても浴びてしまうのが紫外線です。

 

受けてしまったダメージをその日のうちに取り除くアフターケアが極めて重要です。

 

紫外線を浴びた後のケア:毛髪

毛髪はトリートメントでしっかりとケアしてください。

すぐに洗い流さず、5分~15分ほど放置することで補修力を上げる事ができます。

 

また紫外線を浴びてしまった時は、補修力や保湿力が高いものを使うようにしましょう。

毛髪に保湿力を与えれば、紫外線による乾燥を防ぐことができます。

 

紫外線吸収作用のあるシアバターや、被膜を形成するケラチン、

傷んだ毛髪に吸着して、損傷の修復や保護効果を高くするコラーゲン等の成分が

配合されているものは、予防・アフターケアどちらの面でもお勧めです。

 

紫外線を浴びた後のケア:頭皮

紫外線をあびてしまった頭皮のケアは、基本的には肌と考え方が同じです。

 

保湿成分と炎症を抑える成分が配合された頭皮用の化粧水や美容液で、

しっかりアフターケアを行ってください。

 

前回の記事でも紹介したレチノールやトコフェロール、ビタミンC誘導体など、

紫外線ダメージをケア、抗酸化が期待できる成分や、アラントイン、グリチルリチン酸ジカリウムなど、

抗炎症効果のある成分が配合されたものがお勧めです。

 

スキンケアにヘアケアの紫外線対策も取り入れて、

顔や体、頭皮・毛髪、それぞれ健やかな状態で春を過ごし、

夏本番に備えて、紫外線に負けずに明るく過ごせるようにしましょう!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

営業部 K.Y