お知らせ

今年の夏にやらかした話-①

2018年 08月 17日

連日の猛暑の中、いかがお過ごしでしょうか。

こんにちは。

横浜 化粧品 OEM工場 の株式会社コアです。

お盆休暇でお休みをいただきましたのでリフレッシュがてらバイクでちょっとだけツーリングに行ってまいりました。

朝方にでかけて夕方には帰ってきたのですが両腕が真っ黒。

紫外線に負けて焼けてしまいました。

もはや火傷といっても過言ではないくらいこんがり焼けてしまいましたのでとても後悔しています。

ところで皆さん、日焼け対策用の商品でよく見かけたり耳にする「SPF」と「PA」。

意外と「SPFってなに?」「PAってなに?」と問われると「え〜〜っと・・・」となりませんか?

実際私も「え〜〜〜っと・・・?」な人間でしたので研究室に聞いてみることに。

今回教えてくれた当社研究員のAさん

白衣がとてもお似合いです。

 

まず「SPF」と「PA」の前に紫外線について教えてくれました。

紫外線にはUVA・UVB・UVCの3種類存在し、それぞれお肌に対する影響が違うとのこと。

UVA→真皮まで届きお肌内部に活性酸素を作り出すので、結果シワやたるみなどの肌老化の原因に

UVB→お肌の表面が赤くなる炎症を引き起こし色素沈着となりシミやソバカスの原因に

UVC→皮膚病の原因に(オゾン層により吸収されます)

なるほど・・・

※写真は当社近くでとった木と太陽と看板です。

これだけ日光が強いとUV対策は必需ですね・・・

あつい・・・

上記の紫外線の話を踏まえて「SPF」と「PA」の話です。

SPF→主にUVBの防止効果を表す目安の数値。この数値が高ければ高いほど効果が高くなります。

PA→主にUVAの防止効果を表す目安です。+の数が高いほど効果が高くなります。

なるほどなるほど・・・・

この「SPF」と「PA」、研究室にお話を聞いていると色々なことがわかってきました。

次回の更新でこの話、詳しく紐解くことにします。

 

続く

 


ページの先頭へ戻る