トリートメント

コンセプトトリートメント

疑似キューティクル成分を配合して髪のダメージを集中補修するトリートメントや、ハイブリッド原料を使ったノンシリコーンタイプなど、機能性を追求したコンセプトにも対応します。インバスからアウトバスタイプまで …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:トリートメント

ヘアカラー用トリートメント(分類:化粧品)

染毛後の毛髪pHを整えるバッファー作用を付与したり、ヘアカラーの褪色を抑えるクルミ殻エキスを配合したりすることで、カラーを長く楽しむことができます。 …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:トリートメント

髪質・スタイル対応トリートメント

硬くて太い毛をボリュームダウンさせたり、柔らかい猫毛にハリとコシを持たせたりすることが可能です。各種コンディショニング剤を工夫することで、重さや軽さ、ツヤ感、サラサラ感などを表現できます。 …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:トリートメント

低刺激性トリートメント

ヘアサロンなどの業務用として最適です。パーマやカラー施術後の質感は技術の良し悪しを判断される重要な要素。アフタートリートメントとして、髪になめらかさ・指どおりのよさ・まとまり感といった性能を持たせるこ …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:トリートメント

ベーシックトリートメント

ヘアサロンなどの業務用として最適です。パーマやカラー施術後の質感は技術の良し悪しを判断される重要な要素。アフタートリートメントとして、髪になめらかさ・指どおりのよさ・まとまり感といった性能を持たせるこ …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:トリートメント

コンセプトシャンプー

エッセンシャルオイルを香り成分とするアロマヘアソープ、海藻や植物成分を中心としたボタニカルシャンプーなど、さまざまなコンセプトに合わせた製品処方が可能です。製造工場の研究室に直結しているので、新規成分 …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:シャンプー

ダメージ補修シャンプー

ケラチンやコラーゲン、シルクタンパクなどを高配合することで毛髪損傷を補修します。また、洗浄成分自体をタンパク系界面活性剤にした、超損傷毛対応のシャンプーも可能です。 …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:シャンプー

髪質・スタイル対応シャンプー

軟毛や硬毛などの髪質別、あるいは希望するスタイル別に対応したシャンプーです。各種コンディショニング剤の配合バランスにより、しっとり・さらさら・ふんわりなど、さまざまなバリエーションの洗い上がりを付与す …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:シャンプー

低刺激性シャンプー

敏感肌や手荒れ予防などに対応したシャンプーです。アミノ酸やショ糖などに由来する洗浄成分で処方され、やさしくおだやかに洗い上げます。 …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:シャンプー

ベーシックシャンプー

ヘアサロンなどの業務用として最適です。施術前のプレシャンプーとして、スタイリング剤など頭髪の汚れを落とす洗浄力に優れています。コストダウンを考えている美容室のご要望にもお応えできます。 …詳細はこちら

製品種類: ヘアケア   種別:シャンプー

UVケアタイプ

紫外線によるダメージは、皮膚老化を加速させます。いまは年間を通じたケアが大切です。エアコンや排気ガスなどによって起こる、肌の乾燥や刺激に対する機能も求められています。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:クリーム(乳液)

敏感肌タイプ

肌が過敏な方は、少しの刺激でも赤みやカユミを生じることがあります。このような肌には保湿を行い、皮膚のバリア機能を補って、外からの刺激、感作を少なくすることが大切です。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:クリーム(乳液)

乾燥対策タイプ

皮膚の乾燥は、肌の老化の始まりです。ベースに使用する油のクオリティを高めて、保湿成分により角質の保湿力をアップさせ、水分を逃がさないことが重要となります。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:クリーム(乳液)

美肌対策タイプ

肌本来の美しさは、水分、油分のバランスを整え、表皮をベストな状態にすることで生まれてきます。十分な保湿とトラブルの起きにくい肌に整えることが重要です。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:クリーム(乳液)

美白対策タイプ

肌のブライトニングは、配合成分によって決まります。メラニン生成のメカニズムに対してはたらきかけたり、紫外線や活性酸素等のストレス解消が主な目的です。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:クリーム(乳液)

アイジェルタイプ

肌の老化が一番最初に現われる部位は目もとです。小ジワやタルミは、乾燥や角化の遅れによって起こります。コラーゲンを補充したり、細胞を活性化させることが重要です。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:美容液

トリートメントタイプ

エステティックの導入液にも使用される製品です。プロユースのものを化粧品として製品化していますので、使用感のよさや使用後の肌の変化を容易に感じとることができます。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:美容液

美肌対策タイプ

肌本来の美しさは、水分、油分のバランスを整え、表皮をベストな状態にすることで生まれてきます。十分な保湿とトラブルの起きにくい肌に整えることが重要です。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:美容液

美白対策タイプ

肌のブライトニングは、配合成分によって決まります。メラニン生成のメカニズムに対してはたらきかけたり、紫外線や活性酸素のストレス解消が主な目的です。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:美容液

老化対策タイプ

アンチエイジングのための基本は、肌そのものの力を引き出してあげること。細胞の活性化には継続したケアが必要です。安定して作用する成分がポイントになります。 …詳細はこちら

製品種類: 基礎化粧品   種別:美容液


ページの先頭へ戻る