デザイン・企画部門(有限会社ワイズ・コーポレーション)

様々なチャネルのお客様に納得していただけるグレード感の高いデザインの追求、そしてスピーディーな提案を心がけています。

初回の打ち合わせから、容器・パッケージデザインもご提案

成分の打ち合わせには研究員も同席可能
研究室が隣にあり、成分を考慮したデザインも柔軟に対応可能

OEM化粧品を作る場合、通常ではお客様が容器会社にボトルを手配したり、パッケージを印刷会社に依頼するのが一般的です。

弊社では、この部分を担当するデザイン・企画部が独立した会社「ワイズコーポレーション」を社内に併設しています。

営業部、研究開発部と一緒に、初回のお打ち合わせから参加させて頂き、お客様がご要望される商品の中身や仕上がりイメージを聞いた上で、その場で最適な容器やデザインの提案をさせていただきます。

中身の成分や容量、コストによって、使用できる容器の種類は限られてくるのですが、弊社では、数多くの新商品を生み出しているため、限られた条件の中でもご提案できる容器を数多くご用意しております。容器のサンプルも各種取り揃えておりますので、実際に手にとっていただき、デザインのイメージと合わせながらお選びいただけます。

すぐにでも製品化出来る容器も各種ご用意しておりますので、短期間で商品を販売したいというお客様でも安心です。パッケージのデザインに関しては、お客様からターゲットへのアプローチ方法、プロモーション展開の有無、ブランドコンセプトなどを詳しくヒアリングさせていただ上で、売れるパッケージデザインをご提案させていただきます。

もちろん、具体的な案をお持ちいただければ、ご要望にそったデザインで作ることも可能です。お客様にご納得いただけるまで、数回にわたりデザインのブラッシュアップを行い、よりグレード感のあるパッケージデザインをご提供させていただきます。

独自のスタイルでデザインを提案

お客様のご要望に柔軟に応える取組み

シールは様々な表現を可能とし同じ容器でもオリジナル性・違いを出しやすい

OEM化粧品を製作するに当たり、容器に直接印刷する要望もあれば、シールを貼る方が良かったり、と、お客様のご要望はさまざまです。

そんなご要望に柔軟にお応えするために様々な努力をしてきました。

一つ例を取り上げますと、特徴の1つであるシールシステム。一般的に少量生産=シール対応のみ、という条件で選択される場合が多いのですが、我々の中では「印刷できない表現ができるもの」と位置づけてシールでのラベル作りに取り組んでおります。
シールは容器に直接印刷するよりもより、複雑な表現が可能です。独自性をもたせた製品を追求したい場合にシールは「小ロットだからシール」という概念を飛び出し、お客様の持たれているイメージを可能にします。

そこで、独自にシールシステムを確立しています。

プラスアルファのサービスを目指して

お客様のご要望に手作り感覚で応える取組み

容器に直接印刷した場合では難しい表現をシールが可能にします。

容器は立体型なのでイメージが明確にならず、どうしてもイメージしたものと出来上がりのものに差が生じることがあります。

独自のシールシステムでは、サンプルを見ることにより具体的なイメージを簡単に得ることができ、ラベル対応商品であれば製品をすぐ作ることも出来ます。

また、出来上がった商品を販売促進するためのツール(SPツール)も社内で作製出来ます。商品撮影はもちろん、制作物に関するお仕事のご相談もお受けしております。

こういったシステムの確立は、日頃お客様と接する現場の意見から生まれたものです。コアとワイズコーポレーションは、お客様の夢にどれだけプラスアルファの付加価値を付けられるかを常に考えております。


ページの先頭へ戻る